トレーニングの前のウォームアップやってますか?
筋トレやランニングはしっかりするけど、ウォームアップはやらないという方もいらっしゃると思います。

実はウォームアップをちゃんとするとその後の運動効果が高まるんです。

そこで今回はウォームアップの効果と進め方をご紹介します!

ウォームアップの必要性

筋トレや有酸素性トレーニング、柔軟性トレーニングなどの様々な運動がありますが、運動前には必ずウォームアップを行いましょう。

ウォームアップによって、身体面の準備だけではなく、精神面にも良い影響を与えることができますので、その後のトレーニングがより充実したものになります。

一般的ウォームアップ

般的ウォームアップは、軽いジョギングや固定式自転車を5~15分程度行います。

これにより心拍数、血液量、筋の深部温、呼吸数、関節滑液の粘性が高まり、血流や発汗が促進されるため身体を動かす準備ができます。

専門的ウォームアップ

専門的ウォームアップは、一般的ウォームアップとは異なり、ベンチプレスのメインセットの前に軽い重量で行うといった、実際の動作を含むものとなります。

専門的ウォームアップによりトレーニングが効率的に行えるようになります。
また、メンタルリハーサルにもなるため精神面への効果もあります。

一般的ウォームアップから専門的ウォームアップへと段階的に進めていくことで、トレーニングを安全で効果的に行えることができます。

ウォームアップと同じようにクールダウンも大切になります。
クールダウンについては「こんなに変わる!クールダウンの効果とおすすめの方法をご紹介します」の記事をご覧ください。

参考文献

1)Allen Hedrick. ウォームアップ. NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識 第2版. 特定非営利活動法人NSCAジャパン. 2013.

この記事を書いた人

パーソナルトレーナー齊藤登

トータルフィットネスサポート代表
齊藤 登

2004年に栃木県宇都宮市にて有限会社トータルフィットネスサポートを設立しパーソナルトレーニング、国民体育大会の帯同トレーナー、医療機関での運動指導、スポーツや医療系専門学校の講師、運動や健康づくりに関するセミナーの開催などを中心に活動している。

NSCA(全米ストレングス&コンディショニング協会)ジャパン北関東地域ディレクターとして、日本におけるストレングス&コンディショニングの普及およびスポーツと健康に携わる専門職の育成にも力を入れている。

お問い合わせ

ご相談やご質問などお気軽にお問い合わせください

Follow me!

ウォームアップって必要なの?その効果と進め方をご紹介します” に対して2件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。